TOEFL-image.jpg

TOEFL®(トーフル / Test of English as a Foreign Language)テストは1964年、英語を母語としない人の英語コミュニケーション能力を測るテストとして、TOEIC ®テストと同様に米国の非営利教育団体であるEducational Testing Service (ETS)に開発されたテスト。大学などでの実際のコミュニケーションに必要な「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能を総合的に測定するもので、欧米の大学をはじめ130か国7,500以上の機関がスコアを出願書類、入学や、奨学金、卒業の基準などに利用している。日本では単位認定や、入試優遇、海外派遣選考の目安として利用する大学もある。

< リーディング(60~100 分)

スピーキング(20分 / 6問) >

リスニング(60~90分)

出題されるのは数人による大学生活に関する会話と、教授による講義の2形式で、会話は2つから3つの出題に対して各5問の設問が、講義は4つから6つの出題に対して各6問の設問がついている。それぞれの音声の長さは3~4分程度だ。画面上にはその会話や講義をイメージさせる画像が表示される。音声は1度だけしか聞くことができないが、メモを取ることは許可されている。



【リスニング全体の傾向と対策】
対策としてはディクテーションが大きな効果を発揮する。書くことによって音と単語が紙面上で結び付くので触覚、視覚、聴覚から英語を吸収できるのがメリット。いろいろな英文に手をだすのではなく、1つの英文を完璧に書きとれるまで繰り返し取り組んでみよう。出題される音声の構成はほぼ決まっているので、事前に模擬問題に取り組んで流れを頭に入れておけば解答しやすい。



〔タイプ1①:4択問題(a)〕
放送された音声に対する設問が読まれ、適切な選択肢を選ぶ問題。音声について、論点や趣旨を問う内容がメイン。



〔タイプ1②:4択問題(b)〕
抜粋して放送された音声を再度聞き、適切な選択肢を選ぶ問題。問われる内容は抜粋された音声の意図や暗に示す内容を選ぶものが多い。



〔タイプ1③:複数回答問題〕
放送された音声に対する設問が読まれ、適切な選択肢を指定された数の分だけ選ぶ問題。

【傾向と対策】
解答後に後戻りすることはできないので慎重に進めよう。同じ事柄や人物のことでも、放送された音声と選択肢で言い換えが行なわれているので、音声の重要なポイントはしっかりとつかめるようになろう。



〔タイプ2:振り分け問題〕
放送された音声に対し、与えられた選択肢を指示に沿って振り分ける問題。



【ポイントアップのコツ】
構成が決まっているので、「テーマ」「問題」「出来事」「解決策」など、メモ上であらかじめ項目を分けておくといい。自分の好みの書き方探してみよう。メモ取りに集中するあまり音声を聞き逃す、といったことのないように注意して。


参照文献:
TOEFL®テスト公式ホームページ http://www.ets.org/toefl
国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部 TOEFL®テスト日本事務局
公式ホームページ http://www.cieej.or.jp/toefl

* このページに掲載した全ての情報は2010年11月現在のものです。
*TOEFL is a registered trademark of Educational Testing Service (ETS). This article is not endorsed or approved by ETS.