TOEFL-image.jpg

TOEFL®(トーフル / Test of English as a Foreign Language)テストは1964年、英語を母語としない人の英語コミュニケーション能力を測るテストとして、TOEIC ®テストと同様に米国の非営利教育団体であるEducational Testing Service (ETS)に開発されたテスト。大学などでの実際のコミュニケーションに必要な「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能を総合的に測定するもので、欧米の大学をはじめ130か国7,500以上の機関がスコアを出願書類、入学や、奨学金、卒業の基準などに利用している。日本では単位認定や、入試優遇、海外派遣選考の目安として利用する大学もある。

< テストの形式と構成

スコアと評価について >

テストの形式と構成

所要時間は4時間から4時間半。リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4セクションから構成されている。リーディングでは出題される3題から5題の英文(各英文は約700語)を読んで設問(各12~14問)に答える。リスニングでは、4つから6つの講義と2つから3つの会話を聞いて設問(各講義に6問、各会話に5問)に答える。スピーキングは音声を聞いて質問に答えるもの、与えられた英文を読み、同じテーマに関する音声を聞いて質問に答えるもの、音声を聞き質問に答えるものの3タイプがそれぞれ2問ずつ出題される。ライティングでは、英文を読んだあと同じテーマに関する音声を聞き、その2つについて要約するものと、出題される議題について自分の意見を書くものの2タイプがそれぞれ1問ずつ出題される。リーディングが60から100分、リスニングが60から90分、その後10分の休憩を挟みスピーキングが20分、ライティングが50分行なわれる。


参照文献:
TOEFL®テスト公式ホームページ http://www.ets.org/toefl
国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部 TOEFL®テスト日本事務局
公式ホームページ http://www.cieej.or.jp/toefl

* このページに掲載した全ての情報は2010年11月現在のものです。
*TOEFL is a registered trademark of Educational Testing Service (ETS). This article is not endorsed or approved by ETS.