Situation 7 
なまりがあると聞き取れない
同じ英語を喋っているのに、どうしてこんなに千差万別なの!? 方言や他方語によるなまりがあるとまったく理解できない・・・。聞き取れるようになるにはどうしたらいいのでしょう?
キャシー:
カナダに居ればいろんなアクセントがあるからね、慣れるように聞くことを心がけるようにしないとね。僕は、カナダに来てから3ヶ月後くらいに『リスニングが上手になったな』と思ったんだけど、それって、先生やTVなんかのキレイな英語を聞き取れるという程度だったんだよね。現地の人と話したらいろんなアクセントの人がいて『実際は違う…』と実感したんだ。
アクセントが聞き取れなくて理解できなかったら、「わからないからゆっくり話して」と、ちゃんとコミュニケートするのも大事だと思う。結構、お願いできない人って多いんだよね。でも、自分に合わせて喋ってもらいながら時間をかけて慣れていけば、聞き取れるようになると思うよ。
クリスチャン:
違ったアクセントを理解する能力を上げるには、できるだけ多くそれらのアクセントを聞く練習をすることだね。これは、普通の英語学習でもそうだけど、いろんなアクセントでリスニングの試験があるTOEFL®やIELTS、TOEIC®などの語学能力テストには重要な事なんだ。
最近では、インターネットを活用していろんなアクセントを聞く練習が簡単にできるね。例えば、BBC(The British Broadcasting Corporation:英国放送協会)なんかのテレビ局サイトなんかはオススメ。これらのサイトでは、聞きにくいアクセントで喋るいろんな人が映っているビデオを見たり聞いたりできるからね。その中で、話している事が字幕スーパーで表示されるビデオクリップを選ぶんだ。そうすると、その字幕をチェックして、どのくらい理解できているかわかるからね。毎日、そうやってアクセントのある英語を聞いていると、試験のスコアは上がっていくよ。
ここに便利な2つのサイトを紹介するよ
British English http://www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/
Australian English http://www.abc.net.au/learn/subjects/english.htm