Situation 12 
英語力が未熟で希望する職種に就けない
海外の企業で働いていますが、英語力が未熟なため、希望する職種ではない部署に配属されました。今の英語力のまま希望の部署で働きたいことを伝えて、職場での扱いが悪くなったり、職を失うことになったりするのも不安です・・・
クリスチャン:
これについては、キャシーどう思う?
キャシー:
未熟だからってネガティブにならずに、まずは、今いる部署で能力を示そうよ! そこでちゃんと評価されれば、次のステップアップに繋がると思うよ。同時に、将来希望職に就けるよう、専門書やオンラインコースなどで知識や英語力を磨いていけばいいんじゃないかな? 専門的なスキルやその分野の英語力を伸ばしていくことが成功への近道だからね。
あとは、常に上司に希望を伝える事! 英語力が未熟だからって内気になってちゃダメ! 自分の意思をはっきり伝えるということは大事なことだよ!
僕はそうやってアピールしてきたから、今ではやりたい部署で仕事をさせてもらっているんだ。希望の職に就きたかったから、会社のトレーニングコースにも参加していたしね。基本的にマルチタスクな仕事で、したくない事もやらなければならないけど、やっぱり好きな分野だから頑張れるんだ。
努力は惜しまずに、頑張ってね!