ielts-image

IELTS(アイエルツ / International English Language Testing System)は留学や海外移住に必要な英語力を評価する試験として1989年に開発された、イギリスの国際文化交流機関ブリティッシュ・カウンシル、IDP:IELTS オーストラリア、ケンブリッジ大学 ESOL が共同で運営する英語能力診断テスト。現在では135か国6,000の団体が現実に即した英語力の指標として利用し、イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドのほとんどの高等教育機関で認められている。アメリカ合衆国でも3,000以上の教育機関とコースがIELTSを受け入れている。年間受験者総数は世界で140万人を超える。、日本では、ブリティッシュ・カウンシルと日本英語検定協会が共同で試験を実施している。

< リーディング(60分 / 40問)

ライティング / Task 2(General Training... >

ライティング / Task 1(約20分)

General Training Moduleでは30ワード程度の設定が与えられ、それに対する指示と解答の書き出し指定がある。指示には複数の条件が含まれており、解答にはこれをすべて盛り込まなければならない。条件には自己紹介や状況説明といった「説明」と情報や対応を依頼する「要求」の2種類がある。最低150ワードという制限が設けられている。
また、Academic Moduleでは表やグラフと、簡潔な説明が30ワード程度与えられ、それを見ながら指示文に沿って解答する。指示文には「項目について説明する」「項目を比較する」など複数のポイントが含まれているので、要求される事柄をきちんと把握しよう。どちらのModuleにも150ワード以上という文字数条件が設けられている。


General Training Module傾向と対策
設定や条件そのものは平易な英文であり、設問の意図を飲み込むことは難しくない。自然と論理的な解答になるように条件が与えられているので、素直にそれに沿って記述しよう。最初に提示される設定が「説明」にそのまま使える場合が多いので、読み込んで最大限に活用する。「要求」する内容は特に定められておらず自由度が高いので、ワード制限をクリアできるぐらい記述できる内容を考えよう。

☆General Training Moduleポイントアップのコツ☆
ビジネス文書ほど硬い文章を書く必要はないが、公けに出しても差し支えない程度の整った定型書式を知っておくことが大切。日本語ででも構わないので、こうした文書に慣れておこう。


Academic Module傾向と対策
IELTS の大きな特徴といえる「図表の説明」。ここでもっとも大切なのは、主観を挟まず客観的に説明するということだ。最初に与えられた説明を足がかりにすれば、図表を理解することができる。解答については論説文の基本構成に則り、「導入(図表が何についてのものか)」→「本論(図表の特徴や項目の説明)」→「結論(本論のまとめ)」の順で書くと論理的かつ明快に解答でき、指定ワード数もクリアできる。

☆Academic Moduleポイントアップのコツ☆
図表が示す特徴やデータを読み取って具体的な数字を挙げて論証するには慣れが必要。あくまで図表の説明にとどめることが良い解答のポイント。