ielts-image

IELTS(アイエルツ / International English Language Testing System)は留学や海外移住に必要な英語力を評価する試験として1989年に開発された、イギリスの国際文化交流機関ブリティッシュ・カウンシル、IDP:IELTS オーストラリア、ケンブリッジ大学 ESOL が共同で運営する英語能力診断テスト。現在では135か国6,000の団体が現実に即した英語力の指標として利用し、イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドのほとんどの高等教育機関で認められている。アメリカ合衆国でも3,000以上の教育機関とコースがIELTSを受け入れている。年間受験者総数は世界で140万人を超える。、日本では、ブリティッシュ・カウンシルと日本英語検定協会が共同で試験を実施している。

< 受験申し込み

リーディング(60分 / 40問) >

リスニング(30分 / 40問)

General Training、Academic Moduleともに4つのセクションから構成される。セクション1と2は日常会話、3と4は授業など学校での会話。

傾向と対策
各問題の本文放送前に、登場人物と設定の説明がアナウンスされるので、そこでおおまかな内容を把握しよう。設問を読む時間も与えられるので、必ず目を通して何が問われるのかを確認すること。前半問題は内容の難易度が低めなので、できるだけ取りこぼしのないように集中しよう。

☆ポイントアップのコツ☆
IELTS のリスニングにはいろいろな出題形式があり、グラフや文章の空所を補充するとうような細かい情報が必要なものも多い。そのため、設問に先に目を通しておくことは、得点アップの第一歩。