ielts-image

IELTS(アイエルツ / International English Language Testing System)は留学や海外移住に必要な英語力を評価する試験として1989年に開発された、イギリスの国際文化交流機関ブリティッシュ・カウンシル、IDP:IELTS オーストラリア、ケンブリッジ大学 ESOL が共同で運営する英語能力診断テスト。現在では135か国6,000の団体が現実に即した英語力の指標として利用し、イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドのほとんどの高等教育機関で認められている。アメリカ合衆国でも3,000以上の教育機関とコースがIELTSを受け入れている。年間受験者総数は世界で140万人を超える。、日本では、ブリティッシュ・カウンシルと日本英語検定協会が共同で試験を実施している。

< アイエルツの形式と構成

受験申し込み >

スコアと評価

テスト結果は『バンド1』のNon Userから『バンド9』のExpert Userまで、0.5ポイント刻みのバンドスコアで出る。リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの各セクションのスコアと、オーバーオール(総合)のバンドスコアが示される。
カナダへの永住権申請の際にはGeneral Training Moduleの結果の提出が義務づけられており、少なくともスピーキング4.0点、リスニング4.5点、リーディング3.5点、ライティング4.0点のバンドスコアが必要。また、大学などへ願書を出すときにはオーバーオール・バンドスコア6.0から6.5が目安となる(各大学によって入学基準が決められているので詳細は各大学に問い合わせのこと)。

【IELTS バンドスコア表】

toeic_table