ielts-image

IELTS(アイエルツ / International English Language Testing System)は留学や海外移住に必要な英語力を評価する試験として1989年に開発された、イギリスの国際文化交流機関ブリティッシュ・カウンシル、IDP:IELTS オーストラリア、ケンブリッジ大学 ESOL が共同で運営する英語能力診断テスト。現在では135か国6,000の団体が現実に即した英語力の指標として利用し、イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドのほとんどの高等教育機関で認められている。アメリカ合衆国でも3,000以上の教育機関とコースがIELTSを受け入れている。年間受験者総数は世界で140万人を超える。、日本では、ブリティッシュ・カウンシルと日本英語検定協会が共同で試験を実施している。

< テストの種類

スコアと評価 >

アイエルツの形式と構成

General Training、AcademicのどちらのModuleも所要時間は約2時間40分、マークシートと記述のテストがある。リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4つの要素で構成されており、リスニングでは会話や講義などの英文を聞き設問(40問)に答える。リーディングでは3つの英語長文(計約2,000~2,750語)を読み設問(40問)に答える。General Trainingの場合、現地で生活することを想定し、広告・公式文書・新聞・マニュアル・時刻表・書籍などから出題される。Academicでは学術的な内容を扱った雑誌・新聞・書籍などから出題される。General Trainingのライティングは、提示された問題について説明したり情報を請求したりする文章を書くタスク1と、与えられたテーマに対して意見を述べるタスク2がある。Academicでは、グラフや図で与えられた情報を文章にまとめるタスク1と、与えられたテーマに対して意見を述べるタスク2があり、大学の論文を想定した問題が多い。また、スピーキングは自己紹介から始まり、渡されたカードに記載された課題について自分の体験や考えを述べること、カードに記載された課題に関連したディスカッションを求められる。リスニングは30分と回答時間10分の合わせて40分、リーディングとライティングはそれぞれ60分、スピーキングは11から14分だ。