TOEFL-image.jpg

TOEFL®(トーフル / Test of English as a Foreign Language)テストは1964年、英語を母語としない人の英語コミュニケーション能力を測るテストとして、TOEIC ®テストと同様に米国の非営利教育団体であるEducational Testing Service (ETS)に開発されたテスト。大学などでの実際のコミュニケーションに必要な「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能を総合的に測定するもので、欧米の大学をはじめ130か国7,500以上の機関がスコアを出願書類、入学や、奨学金、卒業の基準などに利用している。日本では単位認定や、入試優遇、海外派遣選考の目安として利用する大学もある。

テストの種類 >

テストの特徴

英語圏の多くの大学に留学する際の英語力の証明として必須の試験なので、内容もアカデミックなものが多い。選択肢型の試験では高いスコアがとれるのに実際に留学するとディスカッションや課題の提出で力を発揮できない学生が多いという実情に対応し、コンピュータならではのバラエティに富む問題形式が導入され、より応用力が試される形式になっている。スピーキングとライティングセクションでは複合問題と呼ばれる、リーディングやリスニングを組み合わせた設問が出題され、TOEFL®テスト最大の難所となっている。試験時間も4時間に及ぶハードな試験で、インターネット受験という形式とともに慣れが必要だ。


参照文献:
TOEFL®テスト公式ホームページ http://www.ets.org/toefl
国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部 TOEFL®テスト日本事務局
公式ホームページ http://www.cieej.or.jp/toefl

* このページに掲載した全ての情報は2010年11月現在のものです。
*TOEFL is a registered trademark of Educational Testing Service (ETS). This article is not endorsed or approved by ETS.